こんにちは。

突然ですけど、あなたは今の自分に満足していますか?

私は30代に入って「このままじゃいけない!!」と思ってコーチングを受け、学びました。

それまでは子育て、パート、主婦業と頑張っていましたが、いまいち自分の価値を活かしきれていないと、不完全燃焼感がありました。

私の周囲には個性的な人物が多いんです。陶芸家の父、プロサーファーになった主人、夕食に手作り麺のラーメンを出すこともある母といった身内から、どんなにボロな家に住んでも飛び切りおしゃれに暮らす友人、壮絶な過去を面白おかしく話してくれる友人など、「一般的な常識」という言葉を越えて好きなように生きているカッコいい人たちに囲まれています。

私はそのような環境に恵まれているのに、どうしたことか、他人の評価に合わせて、なるべく人に好かれようとし過ぎて、自分の好きなようにはあまりしていませんでした。(好きにしていたようにみえるかもしれないですけどね。自分としてはそれほど好きなようにはしてなかったです。)

そんな個性的な人たちは刺激的で魅力的、私も自分らしさ全開で生きたいと思っていたんです。

でも、いざ自分らしさを出そうと思っても、自分らしさが何だかわからないし、これまでと違う自分を出すのも怖い。自分らしく変わろうと思っても、なかなか変われずにいました。

ほんと、怖いんですよね。変わりたいのに変われない方の気持ち、よくわかります。

私は、思い切ってコーチ付けてよかったですね。私みたいな怖がりにはコーチの存在がありがたかったです。まず、一人じゃない心強さがありますね。いきなり大きく変わろうとせず、小さく変わることを繰り返して、時間かけて変わっていく方法もあるってわかりましたし。時に大きな決断をしなければならない場面も、コーチが冷静に私を観察してくれて、一緒に最善の選択ができるようにサポートしてくれました。

だから、変わりたいのに変われない方にはコーチングを受けてもらいたいです。いいコーチいっぱいいますから、あれこれ探して頂きたいですね。コーチングは、人からのアドバイスじゃなく、自分がどうなりたいのかに意識を向けて、自分の選択で変われる力をつけられますから。ステップアップし続けたい方にも、コーチは心強いパートナーとしてサポートしてくれます。