「テレビはネガティヴな情報を垂れ流しするから、テレビなんか見るもんじゃない」

そのような言葉、聞いたことないです

情報は人とのつながりがあれば入ってくる

ここ数ヶ月、引っ越してから朝夕の情報番組をテレビで見なくなりました。

だから、ある日の朝の凄惨な事件はお昼まで知りませんでした。お昼時に一緒にいた妹から聞きました。その後、その事件はSNSで話題になっていて、ツイッターでもフェイスブックでもシェアされていました。

テレビだけでなく、多くの情報を知ろうとする以上、楽しい話題にだけに触れることは不可能です。人とのつながりがあれば、おのずと様々な情報がもたらされます。そして、ネガティブな気分になる情報もゴキゲンな情報と等しく目にします。

「自分に都合いい情報だけ」とはいかない

自分に都合いい情報だけ受け取りたい気持ち、わかります。でも、無数の情報に触れていく以上、そんな都合よくはいきません。テレビやラジオにスイッチを入れていなくても、目の前の人から、スマホの画面から否応なく事件があったことを目の当たりにしました。

【表裏一体、丸々受け入れる】

不都合なおまけも受け入れようと腹をくくらなければ、欲しいものは手に入らないんだなと意識したのでした。

ていうか、ライフコーチワールド主宰 林さんのご本の135ページに

「赤いオリガミを手に入れたいなら表の赤だけじゃなく裏白い面も受け取らないと手に入らないんだよ」

というお話が出てきます。参照してくださいませ。

【lifecoach YUKO のLINE@】

ライフコーチ的視点で、自分らしさを見つけ活かせるような質問やヒントを配信しています。

友だち追加