こんにちは、ライフコーチ 若林です。

今回は引き寄せがうまくいかない方が着実に欲しいもの・ことを手に入れるためにしてもらいたいことをお伝えします。

あなたが引き寄せたいことは何ですか?

まずは引き寄せたいことが何か、はっきりさせたいところですね。なるべく詳細に、リアリティを帯びたビジョンをノートに書いたり、絵が得意なら絵にしたりします。画像や切り抜きをコラージュさせるのもいいでしょう。

そして、それを引き寄せることができた時、何が起こりますか?「嬉しい気分」「ワクワクする」「テンション爆上がり」「小躍りする」などなど、ご自身の気分や、周りの反応なども描くとよさそうですね。

コーチングセッションでビジョンを描くとき

コーチングセッションではビジョンを描くことが度々あります。その際は、先に記したように、具体的に

  • いつ
  • どこで
  • だれと
  • どのように

というところから

  • 気候や天気
  • 景色、目に入ってくるもの
  • 感触
  • 自分の表情
  • 着ているもの

と、より詳細にありありと描けるよう、コーチとしてサポートします。そして、十分に描けたらこのような質問をします。

「では、そのビジョンを叶えるために、まずはどんなことをしますか?」

着実に前進するためににアクションプランを引き出します。そして、私の場合はクライアントさんにはアクションをしたら報告してほしいとリクエストします。

描いたただけでは叶いにくい。欲しいものが描けたら必ず行動。

「果報は寝て待て」ということわざがありますが、それはやることをやったうえで寝て待つもの。引き寄せも寝て待ってるだけじゃ、そう簡単にやってきません。手に入れたいことをありありと描いたら必ずアクションを。なるべく早く行動に移した方がいいですね。どんなに小さな行動でもいいのです。旅行に行きたい人は、行きたい地域をネットで検索することでも、旅行会社のパンフレットをもらってくることでもいいのです。とにかく、アクション。

餃子食べてて醤油が欲しいなと思った時、醤油を想像したところでそう簡単には醤油はやってこないですよね。醤油を取りに行くなり、醤油を取ってもらうなり、何かしらアクションを起こして醤油を手に入れるわけです。

引き寄せたいこと、あるいは手に入れたいものや状況があるなら自分から近づいていく。向こうからやってきたらラッキーですが、手に入れるために行動した方がやはり早いでしょう。