平成31年4月1日。[平成]の次の元号がお昼前に発表されました。

発表後の数時間、皆さんどんなことを思っていたのでしょうか?見慣れない二文字、聞きなれない三文字に違和感があったかもしれないし、新元号[令和]の由来に思いをはせたかもしれません。

私は発表直前にちょっとだけ新元号予想と希望する元号を考えていました。でもきっとそれらは新元号にはならないと確信していました。素人が思い付きの漢字を並べてみたところで、薄っぺらな理由しかないしね。希望としては[花]が入ってほしかったですね、桜の時期だし。

やはり、新元号は想像してなかった漢字二文字の並び。[和]は昭和で使ったばかりだから選ばないと思っていましたし、[平成]と同じ母音[ei]が含まれるとも思いませんでした。なので、[令和]と発表された瞬間、新元号に抱いていた思い込みがすっかりリセットされました。使う漢字も発音もかぶってるじゃん。昭和で[和]を使ったからって、発音で似たところがあったって関係ないんですね。

さて今回、私が心に刻んだ二つは

1.未来は想像しえないことがよく起こる
2.制限を設けなければ選択肢は無限大

です。

元号は漢字を使うもの、という縛りがなければ[REIWA]でも[れいワ]いいんですよね。

[令和]、私はいいなと思っています。スマートな響きだし、人を敬って関係性を作っていく雰囲気を感じています。思い込みがリセットされ、新しい響き耳にし、新しい時代が来るんだと胸が躍っています。

自分を知って、自分を楽しめ。lifecoach YUKO LINE@

自分を活かしてよりよく生きるヒントをライフコーチの視点でお伝えしています。

友だち追加